前へ
次へ

葬式で避けるべき六曜の日はあるか

葬式を開催する時には、縁起がかつがれる事があります。
いわゆる大安や仏滅などを気にしている方は、少なくありません。
一般的には、後者の仏滅はあまり縁起が良い日ではありません。
ですから仏滅などに引っ越しをするのは、敬遠される傾向はあります。
では葬式はどうなのかというと、友引の日だけは避ける方が良いでしょう。
「友を引く」と書いている訳ですから、どことなく道連れにするようなイメージがあります。
いずれ縁起の悪い状況になってしまう可能性もあるので、友引は避けるのが望ましいです。
また友引は、火葬場との関連性もあります。
葬式を行うのであれば、もちろん火葬場も使うことになります。
しかし友引は上記のようなイメージがありますから、火葬場も休んでいる事が多いです。
以上の点を考慮すれば、結局は友引以外にするのが望ましいでしょう。
ただし遺族の事情を優先したい時には、その限りではありません。
そもそも六曜は根拠がないという声もあります。
基本的には、六曜というより自分達の都合を優先して葬式の日程を組むと良いでしょう。

Page Top