前へ
次へ

お葬式にお花を送ろうと思う時に気を付ける事

お世話になった人のお葬式に今までの感謝の気持ちを込めて花を送りたいと思った時には、気を付けないといけない点もあります。
まず最初に花を送って良いかという事を確認しなければなりません。
花が多数送られてくる事が予測されている場合は、遺族の方からご厚志お断りという花や供物等を辞退する旨のお知らせが来ている事があります。
その場合は無理に花を贈ることはかえって逆効果になるため控えておきましょう。
また、花を贈るお葬式の宗派によっても花の種類などを考える必要があります。
仏教の場合は基本的に生花を贈るようにし、菊や百合等のお花で、色合いは落ち着いたものを選ぶと無難でしょう。
キリスト教の場合は、お花を故人に供えるためのもので無く、遺族への慰めのために贈ります。
そのため、贈る花に故人の名札は付けないようにしましょう。
また、花の種類もスプレー菊等の洋花を中心のものにしましょう。
これ以外にも様々な注意点があるため、花を贈る際には様々な事を確認しましょう。

Page Top