前へ
次へ

仏式というのはいろいろと地域によって違う

仏式のお葬式においては出棺に際してそれなりに来た方もあったりします。
遺族と近親者、特に親しかった人などが棺桶の蓋を開けて最後の対面をするということになるのですがその時に腹の部分だけをちぎったものを遺体の周囲に置いておくということがあります。
これを別れ花と言います。
こうしたことができるのかどうかというのは事前に確認しておいた方が良いでしょう。
こちらで用意するものがあるわけではないですが、どのようなことが儀式として行われるのかということが、地域によって違ったりということもよくあるわけです。
葬式というのは儀式ということになります。
セレモニーとも呼ばれることになりますから、要するに儀式というのは地域とか人によって違ってくる部分があるわけです。
もちろん、妥当なやり方とか無難なやり方というのもかなり標準化されてきているというのも事実でしょうから、ある程度、一般的なやり方、というのを知っておくとよいでしょう。

Page Top